女性

より効率化を図るために

消し込み作業をより効率的に行う方法としては2つ挙げられます。それは委託とパソコンソフトの使用です。これらの方法を活用することで、作業時間短縮や労力の削減が実現できます。したがって、消し込み作業がより効率的に行うことが可能になります。

詳しく見る

男女

利用のメリットと費用

社員全員のワークフローを、紙ベースで確認することは容易ではありません。ワークフローをデータ化できるシステムを利用すれば、管理の負担を減らすことができます。無料で利用できるものもあるので、コスト削減のためにもシステム化を目指しましょう。

詳しく見る

チャット

会議を効率化させよう

会議には、会議開催発行等の会議準備や議事録作成などの多くの無駄があります。チャットツールを使用すれば、社内会議の非効率的な部分を改善し、コミュニケーションミスを防止できます。社内コンセンサスを素早くまとめ上げる事が出来るでしょう。

詳しく見る

面接

通信を用いた採用業務

交通費の削減が見込めるオンライン面接が、一般採用でも導入されつつあります。システム導入で重視するのは安全性です。人事目的で作られたシステムは情報漏えいのリスクも考慮されているため、それを使うようにしましょう。

詳しく見る

PC操作

情報共有のしやすさ

一部のタスクがストップしている事に気付けなくて、プロジェクト全体に遅れが出す事にならないように、プロジェクト管理ツールが役立ちます。タスクを他の社員に振り分ける事も簡単で、急病人が出てしまった際にも簡単にタスクを管理する事が可能です。

詳しく見る

カギはタスク管理の方法

オフィス

柔軟な管理が成功の秘訣

会社の中で何か仕事を進める際はほとんどのケースで複数人で協力することになります。自分一人であれば期日まですべてのタスクが終わるかを管理するだけです。しかし複数人で仕事を進めるとなれば期限の管理やタスクの分担など考えることが一気に増えます。人数が増えれば増えるほどその難易度も上がってしまうのはどうしても仕方のない事です。難しく考えず、プロジェクト管理の方法を使ってみましょう。まずキーになるのはタスクの洗い出しです。粒度は管理しやすい粒度で構いません。未経験者が多ければそのまま行動できる手順にまで粒度を細かくしますが経験者ばかりなら不要です。その一覧をベースにしてタスクの割り振りや期限の管理を行うのでプロジェクト管理の中でもタスクの洗い出しは重視されます。洗い出せたら人と期限を割り振ります。いつ誰が何を終わらせている必要があるかを最終の期限から逆算していきます。しかし担当多数を割り振ったからと言って任せっぱなしにしておくのは担当者にいらぬ負担をかけてしまいます。困ったことがあればフォローし、認識違いがないかを要所要所で確認をするのは重要なポイントです。情報共有も含めて進捗報告会を週に1度くらいで開くとプロジェクト管理もしやすくなります。担当者同士のコミュニケーションも取れ、円滑なプロジェクト運営が可能です。プロジェクト管理に正解はありません。タスクの性質や難易度、メンバーによって必要な作業は異なります。しゃくし定規に考えることなく、プロジェクトに合わせて柔軟性を持たせておくと計画倒れになりません。そういったプロジェクト固有の事案に多くの時間を割くために、プロジェクト管理に共通しているものはテンプレートにするのがおすすめです。過去の経験と資料を活かしつつ、常に効率の良いプロジェクト管理を心掛けましょう。

RECOMMEND POST

男女

利用のメリットと費用

社員全員のワークフローを、紙ベースで確認することは容易ではありません。ワークフローをデータ化できるシステムを利用すれば、管理の負担を減らすことができます。無料で利用できるものもあるので、コスト削減のためにもシステム化を目指しましょう。

チャット

会議を効率化させよう

会議には、会議開催発行等の会議準備や議事録作成などの多くの無駄があります。チャットツールを使用すれば、社内会議の非効率的な部分を改善し、コミュニケーションミスを防止できます。社内コンセンサスを素早くまとめ上げる事が出来るでしょう。