利用のメリットと費用

男女

システム化のメリット

ワークフローとは、業務の流れを図に表して、その処理手続きを定義したもののことをいいます。そして、今まではそのワークフローに沿って、紙ベースで上長の承認を得て、仕事を進めていたのです。仕事を進めるうえで、見積書や休暇届や稟議書などの申請書は、上長の承認が必要です。そして、申請をして中身を確認してもらい、問題ない状態にすることが大事なことです。そのために、ワークフローに沿った承認申請は、必要なものとされています。しかし、承認申請には、手間や費用がかかります。そして、上長の机の上に、申請書が山積みになっていて、決裁までにかなりの時間を要することが、よくあります。この問題を解決するツールがワークフローシステムなのです。これは、紙ベースで行われていたワークフローを、システム化したものです。このことにより、申請書などの紙ベースで行われていた業務手続きが電子化されて、ペーパーレス化が図れます。ワークフローシステムの利用にかかる費用の相場ですが、無料のものから1ユーザー月千円単位のものまで、機能によってもいろいろありますが、相場は、1ユーザー月百円単位です。また、ワークフローシステムを利用することのメリットは、まずは、承認までのスピードアップによる業務の効率化が図れることです。次に、文書を印刷したり、文書を運んだりすることがなくなるため、工数の削減が図れます。そして、用紙代やコピー代やFAX代がかからなくなるため、コストの削減が図れます。

RECOMMEND POST

男女

利用のメリットと費用

社員全員のワークフローを、紙ベースで確認することは容易ではありません。ワークフローをデータ化できるシステムを利用すれば、管理の負担を減らすことができます。無料で利用できるものもあるので、コスト削減のためにもシステム化を目指しましょう。

チャット

会議を効率化させよう

会議には、会議開催発行等の会議準備や議事録作成などの多くの無駄があります。チャットツールを使用すれば、社内会議の非効率的な部分を改善し、コミュニケーションミスを防止できます。社内コンセンサスを素早くまとめ上げる事が出来るでしょう。