通信を用いた採用業務

面接

懸念すべきは通信のリスク

ある程度の年代になったら、就職活動をします。将来の稼ぎ口を決めるのに重要なことですが、それに充てる費用のことが不安という人が多くいます。ただ面接を受けに行くだけでも、電車などの交通機関を使うのであれば交通費がかかります。面接会場が遠隔地なら、その分かかる金額も増えてしまいます。その交通費問題の解決になりうる手段がオンライン面接です。かつては在宅勤務の採用に使われることがほとんどでしたが、今では前述の問題解決に繋がるということもあり、一般採用でも導入されつつあります。オンライン面接に必要な物がカメラです。パソコンのカメラを通じて、映像と音声でやり取りをしながら面接を行います。ウェブ上で使えるカメラシステムは多く出回っていますが、既存システムを使うとなると一つ問題があります。既存システムの多くは複数人とのやり取りを前提にしているため、それを採用面接に使うと情報漏えいのリスクが高くなってしまいます。オンライン面接で使うシステムには、高水準のセキュリティが必須です。導入するのであれば、多人数用の既存システムを使うより、しっかりと人事目的で作られたシステムを使うようにしましょう。そういったシステムは情報漏えいのことも考えられており、高い安全性があります。また、採用業務以外の用途にも転用しやすいというメリットもあります。通信という仕組みを使う以上、その仕組みに起こる問題のことは十分に考慮すべきと言えるでしょう。

RECOMMEND POST

男女

利用のメリットと費用

社員全員のワークフローを、紙ベースで確認することは容易ではありません。ワークフローをデータ化できるシステムを利用すれば、管理の負担を減らすことができます。無料で利用できるものもあるので、コスト削減のためにもシステム化を目指しましょう。

チャット

会議を効率化させよう

会議には、会議開催発行等の会議準備や議事録作成などの多くの無駄があります。チャットツールを使用すれば、社内会議の非効率的な部分を改善し、コミュニケーションミスを防止できます。社内コンセンサスを素早くまとめ上げる事が出来るでしょう。